高齢者の特徴

高齢者のお口の中には様々な特徴があります。

自浄作用が働かない

お口には、自分でお口の中を清潔に保つ自浄作用が備わっています。自浄作用とは、お口の中の汚れや細菌を、唾液が洗い流し、清潔に保つことです。 運動障害や麻痺があると、口腔機能が低下し、自浄作用が働きにくくなります。

お口の中が乾燥する

加齢に伴い、唾液の分泌量は減少します。特に内服薬の副作用により唾液が少なくなり、口腔内が乾燥します。唾液の減少は、お口の中の自浄作用を低下させるとともに、噛む、飲み込む、発声する、などの機能がうまくできなくなります。

むし歯や歯周病が多い

唾液による自浄作用の低下により、食べかすや細菌が増え、むし歯や歯周病の原因を作ります。また、加齢により抵抗力が落ちることで歯周病の進行が早くなります。

治療のあと、入れ歯が多い

高齢者は入れ歯を使用していることが多い、むし歯の治療のあとが多いことなどの特徴があります。入れ歯や詰め物は細菌や食べかすの、温床になりやすく、きちんとメンテナンスすることが大切となります。